取引の安全をはかるために準備されている制度です。

どのような場合に不動産名義変更が必要?

by admin

どのような場合に不動産名義変更をしなければならないのでしょうか?

これを知らなければ、不動産名義変更の手続のやりようがありませんので・・・基本的には以下のようなシーンで必要となります。

・贈与不動産をもらったり誰かにあげた場合などには、権利者が変更しますので不動産名義も変更しなければなりません。

この場合、所有権移転登記という手続が必要になります。

・相続親族がなくなって自分が土地・建物などを相続した場合にも必要となります。

この場合にも所有権移転登記です。

・売買土地・建物を売り買いした場合にも必要となります。

この場合も所有権移転登記です。

・建物を新規で建てた場合この場合、所有権保存登記という手続が必要となります。

・抵当権などの設定ローンを借りるなどして、土地・建物を担保に入れた場合、抵当権設定登記という特別な登記手続が必要となります。

下の二つの場合には、厳密な意味では名義変更と呼ぶことはできないかもしれません。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 苅山清人の不動産名義変更手引き | Powered by WordPress