取引の安全をはかるために準備されている制度です。

どうやって不動産名義変更をしていけばいい?

by admin

不動産名義変更とは、不動産登記法に定められている登記の変更手続きを行うことです。

基本的には法務局に行って、登記申請をしなければなりません。

その際、権利の移転などを証明するための各種書類が必要となります。

たとえば相続の場合、自分が本当に相続権があるのかどうか、共同相続人たちときちんと協議を済ませた上での権利変更なのか、などを証明しなければなりません。

被相続人の戸籍なども必要となってきますので、結構厄介です。

特に、孫が代襲相続で祖父母が所有していた不動産を入手して不動産名義変更を行う場合などには、数多くの書類が必要。

法律にすべて手続の詳細は定められていますし、法務局の人も丁寧に説明してくれます。

ですから自分で手続を進められないわけではないのですが、役所などを訪れる時間が確保できない場合がほとんどでしょう。

そのような際には司法書士に依頼を!


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 苅山清人の不動産名義変更手引き | Powered by WordPress